人気ブログランキング |

『青菜』はラブラブ

 あの植木屋さん夫婦は仲良しだよな。本当に嫌いだったら、お屋敷のご隠居さんの真似をしようなんて思わない。先ず家でやってみようって気も起こらないだろうし、おカミさんだって、この糞暑いのに押入れに入ろうとはしない。まぁどのみちカカア天下なのは間違いが、おカミさんはご亭主が可愛くて仕方ないんだ。クダラナイ知恵を付けてきちゃってさぁ……とは思うものの、ちゃんと付き合ってあげるんだもん。
 このふたりも仲人&お見合いじゃなくて、いわゆる「くっつきあい」に違いない。その時点で、亭主は女房の全てを分かっちゃいないけど、女房はきっと亭主の性格も気質も分かったんだ。おっちょこちょいで、好奇心旺盛だけど、裏表がなくて、自分を食わしてくれるだけの甲斐性もあるって。
 お屋敷のご隠居も、そんな植木屋さんの心根が分かってるからご馳走してくれたんだね。だって汚れた服で腰掛けちゃ申し訳ないって、いの一番に何のためらいもなく言える男だから。突然『青菜』ごっこに付き合わされた友達の熊さんもビックリしたろうけど、どっかで「まただよ……」て苦笑いしてるはず。きっとこんなことばっかりしてる夫婦なんだ。
 真夏の一歩手前。動けば確かに汗ばむけど、じっとしてれば涼やかな風が吹き抜ける。お屋敷の庭の打ち水の清々しさと、青菜が想起させる緑濃き季節。そこに添えられた夫婦の微笑ましい小芝居も、初夏の爽やかさのヒトコマ。
 押入れから出てきた汗だくおカミさんは……目の前に迫った夏のさきがけ。

by go-go-shiosenbe | 2011-04-19 14:32

<< ふいに売り声が響きそうな小屋    隅田川が生まれるところ >>