70’s 原風景 原宿Vol.2

c0139897_15181085.jpg

 小学生の頃は虚弱児で学校を休んでばかりいた。中学生になって少しだけ元気になり、高校生になって体調は良くなったけど、暗かった。あの頃、僕に音楽と本と聖書がなかったら、危うかったかも知れない。
 その陰気な高校時代、土曜日の学校帰りに時々原宿に行ってた。何しにって程の用事はなく、ただ駅から246までの並木道をひとりで歩いてるだけ。何が楽しかったんだかねぇ。クラスの友人と一緒の時は、シェーキーズでアホみたいに食べ放題ピザを食って帰ってきてた。
 原宿バツアートギャラリーで始まった「70’s 原風景 原宿Vol.2『Fashion & Music』」っていう写真展に行った。あの頃、同潤会アパートもセントラルアパートも現役バリバリだったけど、もちろん入ったこともないし、風景の一部としか見ていなかった。でもたくさんのスナップショットを見ていると、若干病み加減だった僕の70年代がジワジワ蘇ってくる。原宿での思い出というよりも、あの頃の僕のしょーもない日々のこと。
 カメラに向かって笑う、もしくはガンを飛ばす若者の顔は、リアルタイムで僕は知らない街の顔。僕はただの通行人だっただけだもの。でも、なんであんなに原宿に行ったんだろう? しかも学校帰りに。下町じゃなくてさ、何故原宿だったのさ? あの頃もう少し元気で、もう少し勇気があったら…。まっあり得ないんだけど、もしもってことさ…。

by go-go-shiosenbe | 2015-09-04 15:22 | 拠ん所なく歩く日々

<< 百年廊下    アウェイ飯〜初台の巻 >>