人気ブログランキング |

百年廊下

c0139897_1411103.jpg

 言問通りから金杉通りに入ると、右は下谷、左は根岸という、町名を聞いただけでも頬が緩むエリア。昔はここを都電が走ってたっていうんだもの、そりゃステキな町並みだったんだろうな。
 このとば口辺りに、真っ黒な日本家屋が並んでた。橋本さんちと五十嵐さんち。五十嵐さんは提灯屋さん、橋本さんはギャラリーだったけど、その前は蒲鉾屋さんだったらしい。しかも建物は明治なんだ。つまり百年は経ってるってこと。木造家屋の三階建て、屋根には重そうな瓦が敷き詰められてて、関東大震災も空襲も免れたんだから、丈夫な上に運がいい。
 一世紀の間、何人が出入りし、暮らしてきたんだろう? この廊下だって、改修改装はしてるだろうけど、数えきれない足あとを残してるんだよね。でも僕らは二度と歩くことも見ることも出来ない。もうじき、ここにマンションが完成するんだ。

by go-go-shiosenbe | 2015-09-05 14:19 | 銀の輔旅日記

<< 僕は町の子    70’s 原風景 原宿Vol.2 >>