南大塚萬重宝アーカイブ・2002年10月号

*****ミナミオオツカヨロズチョウホウ*****


*******南大塚萬重宝***2002年10月1日号***


ヘッドラインニュース


今年になってローソンが撤退し、空き室になっていたビルの一階に、今度はファミリーマートがやってくる。ローソンではダメだけど、ファミリーマートならいける要素が、北大塚には存在するのだろうか? 近所にセブンイレブンがないという事実と共に、精査していかねばなるまい。


大塚も放置自転車の数では、余所の駅には負けていない。夜になると周囲の自転車をぶん投げて、自分の自転車を引っ張り出すおじさんがいる。その形相はもの凄く、殆ど喧嘩腰である。きっと自転車にしか当たれない悲しいおじさんであろう。因みにその人は、はっぴいえんど時代の細野晴臣に似ている。


『千両』がなくなり、本格西洋料理店皆無の大塚にあって、『キッチン・ゴトウ』の真面目な洋食が、ひたすら有り難い。ここのハンバーグの旨さは、人形町キラク、深川煉瓦亭と共に、ハンバーグ界三巨頭である。


そのゴトウのすぐ側にある靴屋『あづまや』の自慢は、竹下恵子がバイトをしていたことだ。



今日の大塚


 都電荒川線の『大塚駅前』という電停は、山手線の高架下にある。つまりガード下が都電の停留所。しかしその仕組みをよく見ると、不思議な作りをしていることが分かる。一見ガード全体に内張をして建てたようだが、実はガード下に屋根付きの停留所をこしらえたものなのだ。

 その昔、都内に沢山都電が走っていた頃から、このガードは雨漏りがしていた。通り抜ける人は傘をすぼめる必要が全くなかった。というよりは、傘をささなくてはならなかった。たちが悪いのは、地上に降る雨(つまり山手線の線路)とガード下に、かなりのタイムラグがあることだった。本格的な雨であっても、そう簡単に浸みてはこない。雨はじわじわと大正年間に組み上げられたという煉瓦の隙間を這い回り、ついには電停を水浸しにするという寸法。従って外は止んでいても、ガード下は雨模様なんていうのは毎度のことだった。

 雨漏りが酷くなってきたある時、遂に交通局は重い腰を上げ、簡易屋根を取りつけた。幹線道路等のバス停に見られるタイプの屋根、取り敢えず真上からの雨はしのげる、ベッドタウンの建て売り住宅のカーポートによく見られるあれだ。しかしその姿は余りに体裁が悪く、いかにも「都電? ケッ」と言わんばかりの安普請。そんな侘びしい扱いの後、ようやく『大塚駅前』は、「JRの駅と接続しています」と胸を張れる造作になった。

 かつて将来の展望を見誤り、営団地下鉄丸の内線の駅設置を蹴り飛ばした大塚にとって、都電の電停は最後の砦。曲がりなりにも「ターミナル駅だもんね」をたらしめる存在だ。乗り換える電車があるのだというプライドを、それなりにまともな「雨漏りのしない」電停が死守している。駅ビルは無理だとしても、出来れば専属駅員や駅長室も作って欲しいと願う今日この頃である。


編集後記


この萬重宝が、今月より「勝手に送りつける方式」より「HPで閲覧出来る方式」との併用になりました。何と作家・枝川公一さんのHPに張り付かせて頂けることになったんです。実は密かにあちこちのHPに張り付いて、色んなことをほざいていますので、今後は皆様に各々の連載の更新日のみをお知らせするシステムも検討中です。しかし内容は全く変わりませんので、今後とも宜しくお願い致します。



#####ミナミオオツカ・ヨロズチョウホウ#####

     誇張スレドモ嘘ハツカナイ

     

 変酋長・タカノヒロシ AB型 六白金星


###愛ノ町、大塚ノ今日ヲ貴方ニダケ伝エル###



by go-go-shiosenbe | 2018-05-31 15:35 | 南大塚萬重宝

<< 南大塚萬重宝アーカイブ・200...    南大塚萬重宝アーカイブ・200... >>