人気ブログランキング |

南大塚萬重宝アーカイブ・2003年5月号

*****ミナミオオツカヨロズチョウホウ*****

*******南大塚萬重宝***2003年5月1日号***

ヘッドラインニュース

以前ヘッドラインで報告した、折戸通りの新聞勧誘オジサン軍団。10名前後が1グループになっているらしいことが判明した。建物からは明らかに小集団に別れて出て来る。そこにはリーダーが存在し、構成員がその人物に対して敬語を使う様子をみると、リーダーというより親方に近い存在のようだ。

北口商店街のはずれに甘栗工場があり、いつも香ばしい匂いを周囲に振りまいている。時折凄い量の麻袋が、野ざらし状態で積み込まれる。麻袋を平気で踏んづける姿も、よく見る。これが東京各地の甘栗屋に行き渡っていくのだとすると、買う気が若干薄れるのも事実だ。

いまや名ばかりとなった三業地に、金春湯という銭湯がある。その並びに中華料理屋・金春があるのだ。同じ名前でしかも隣り合わせならば、同じ経営者だろうと誰もが思う。しかし銭湯と中華屋を経営するなんてことがあるのだろうか?どっちが先に始めた商売なのだろうか?謎は深まるばかりである。

知人から、南口の商店街・サンモール大塚に、『澤正』という焼鳥屋を教えられた。夕方になると常連で一杯になってしまう居酒屋だ。看板である焼き鳥は、確かに美味しい。しかも大きい、そして安い。もし機会に恵まれたら「のどぶえ」を食べて欲しい。適度に脂が乗った、味わい深い一品だ。


今日の大塚

 統一地方選挙は、名前連呼に終始する選挙カーの音量と投票率が反比例するという、毎度お馴染み理論を確認するだけの、税金無駄使い祭りであった。選ばれたのに何もしないのも酷いが、投票に行かず文句を言うのも、いかがなものかと思うが、まぁ選ばれたい人々の志の低さが、全ての原因なのかも知れない。
 ということで我が大塚も、朝8時から夜8時まで、選挙運動という名の傍若無人な生活妨害が繰り広げられた。豊島区にあって大塚は、池袋、目白、巣鴨と並んで、貴重なJR駅なのだ。従って普段「けっ!」と見向きもしない議員様も、あの競馬場のスターターの如き自動改札機を出入りする人の数を見れば、無視できないどころか、はいつくばってでも媚びを売りたい魅惑の町なのだ。
 大塚において叫びたい第一のチャームポイントは、南北自由通路着工の功績である。高架になっている山手線は、ベルリンの壁のように南大塚と北大塚を分断している。JR定期のない住民は、都電荒川線の電停を兼ねているガードをくぐらなければならない。たいした距離ではないが、日々通る主婦やお年寄りには、距離以上の不便さを感じている。
 壁はいつか崩れる。ドイツがそうだったように、大塚にも念願の自由通路が出来ることになった。これはひとえに自分のお陰であると訴える候補者は、1人や2人ではない。中には空蝉橋方面に新出口、エスカレーターに駅ビルと、素敵な空想を真顔で話す人までいる。まぁ、言論の自由というやつだ。
 しかしよく聞いてみると、自由通路の調査が来年から始まり、完成には5年かかる。何とかしてくれという地元の要請は、10年以上前から出ている。豊島区における大塚のポジションが、はっきり理解できる計画ではないか。個人的には、自由通路より放置自転車を解決して欲しいと思うが、この調子でいくと、30年くらいかかりそうである。



編集後記
今年の黄金週間は、いささかその輝きがにぶったスケジュールになりました。そんな時でもど〜んと9日間の休みを取る『江戸一』が、羨ましくて仕方ありません。たくさん休んでも、営業再開時には常連さんで満員になりますからね。私の場合、「そんなに休みたいなら、休めば? この先ず〜っと」と、お得意さんに言われるのがオチですから。休み明けを心待ちにされる人間になりたいものです。


#####ミナミオオツカ・ヨロズチョウホウ#####
     誇張スレドモ嘘ハツカナイ
     
 変酋長・タカノヒロシ AB型 六白金星

###愛ノ町、大塚ノ今日ヲ貴方ニダケ伝エル###


by go-go-shiosenbe | 2018-06-25 17:05 | 南大塚萬重宝

<< 南大塚萬重宝アーカイブ・200...    南大塚萬重宝アーカイブ・200... >>